ブランド関連の悪質業者に注意

悪質業者に注意

なかには悪質業者として押し買いを行うところがあります。
押し売りではないのだからそこまで害はないのでは?とお思いかもしれませんが、
貴金属を持っていそうな家に目星をつけて貴金属を買い取るまで居座ったり、
また買い取り金額も正規ではなく非常に安い金額で買い叩くという悪質な手口です。
これらの方法は、あまりにしつこい場合はセールス販売と同じくこちらは断固拒否を行えます。
また自分たちだけがしっかり利益をとれるように仕向けるので、その日の相場の金額どころか
かなり下の価格で買い叩くので、売り手は一方的に不快感と損を強いられることになってしまいます。
早く帰ってほしいがために仕方なく貴金属を差し出すようなことはしないで、
110番にすぐに通報しましょう。
被害に遭わないようにするために、いくつかの手段をこちらはとれます。
まずドアを開けずにドアホンかドア越しに会社、訪問目的をしっかり聞きましょう。
その時点で必要ないものとわかればきっぱりと「必要ありません」と断ってください。
もし入れてしまった場合は、断っても居座り続けられる、
怖い思いをするなどの被害に遭ったならばすぐに110番に通報してください。
相手に脅迫じみた行為をしている時点で当然違法なのです。
ほかにも、まず貴金属買い取り業者はかならず古物商許可証というものを取得するよう定められています。
その内容を確認できないならば信用は出来ないと判断してかまいません。
持っていないのならばその時点できっぱり断りましょう。
もし買い取りを依頼するならば価格計算の根拠を書面にしてもらい、必ず控えを取ってください。
これら悪質業者の被害に遭わないためにも断固とした「売らない」という意思を見せるのは大切なことです。
一人で解決できないならば家族や近所の人に同席してもらうようにしましょう。
売ってしまった後ではもう取り返せないことが多いのがこれら悪質業者です。
翌朝連絡した時点ではすでに処分したといわれ、結局大切なものだったとしても
戻ってこなくなるという取り返しのつかないことになってしまいます。
脅迫まがいのような居座りなど、自分たちのノルマを達成する為に行う悪質な業者はいます。
売ってしまうともう元に戻らないことのほうが多いので、
必要なければ売る前にきちんと断るという強い意志を見せましょう。
いままで大切にいていた貴金属を、心無い業者の懐を潤わせる材料にする必要はけしてないのです。

・どんな業者が危険?

なかにはもちろん優良な業者もいるかもしれませんが、
訪問買い取りの買い取り業者に残念ながら悪徳業者は潜みがちです。
もともとこのような買い取りを行うものは、当然ですが売り手側の意思を尊重するものです。
そこを無理やり買い取りをしようとしたり、また売るまで家に居座る、
さらに悪い状況ではまるで取り立てのようにインターホンを押し続けるなどの
恐怖すら覚える行為をするところも…。もちろんこのような業者は相手をする必要は全くありません。
買い取り金額自体も不正なもので、きちんとした貴金属でも難癖をつけてはどんどん値段を下げていくなどをして
けして相場の正規の金額では買い取ってくれないでしょう。
貴金属の価値が上がっているということで出来れば売ってお金にしたいという気持ちの方もおられるでしょうが、
悪徳業者に引っかかってしまうと本当ならば得られる金額の半分程度など、売り手側にほとんど利益が無く、
また配慮のない態度で結局金銭的にも精神的にもひどい損害を受けてしまうでしょう。
このような業者に引っかからない為にも、きちんと対策を立てておく必要があります。
売らないという気持ちをしっかり持って、毅然とした態度で断りましょう。
どうしてもしつこい場合は110番通報で問題はありません。
 
・キャンセル料?
基本的に貴金属の買い取り査定というものは無料で行われており、サービスのいいところですと宅配での査定でも
郵送料も店舗負担、それでやっぱり売らない場合でもキャンセル料など発生しないところもあります。
悪徳業者には「キャンセル料」と称して査定代を要求し、
損をしたくないお客様から無理やり貴金属を買い叩くというケースがあります。
このような キャンセル料などは、査定前にきちんと発生するか否か説明の義務が有ります。
その説明も無く査定を行い、断ろうとした段階でキャンセル料の要求をするという悪質な手段もあるのです。
いきなり不当な請求をされた場合、損をしたくない
または恐怖心でつい貴金属を手放してしまう場合もあるでしょう。
そうならないようにする為にも事前にドアホン、ドア越しでの会話を怠らないようにし、
簡単に相手に査定のチャンスを与えないようにしましょう。
途中で怒りだすなどの行為を行うような暴力的な業者もいます。
実際に被害を被らない為にも突然の訪問買い取りは自分の安全性に配慮し、
出来れば一人で対応しない
ようにしてください。
恐怖心から大切な貴金属を手放してしまうと、その後また手元に戻せるということはほぼありません。