ブランド関連の悪質業者に注意

値段を異常につり上げる

2016年12月09日 18時41分

貴金属の相場というものはなかなか日常生活でチェックするものではありません。
ゆえに突然の訪問買い取りにこられて、相場を調べる暇も無く
あっという間に買い取られてしまう場合もあるでしょう。
悪徳業者というと、いろいろな難癖をつけてどんどん値段を下げていき、
安い金額で買い叩くイメージがありますが逆のパターンもあります。
最初に異常に安い金額を提示し、その後値段をどんどんつり上げていくケースもあるのです。
最終的に出る金額も安価なものですが、最初の金額が破格に安い金額を提示されているので、
やはり安価な値段でも気づかずにそのまま売りに出してしまう場合もあります。
優良な買い取り業者は他店との競合や店舗のサービス内容で多少の値段のつり上げはあるものの、
ある程度の金額で落ち着きます。
どんどん異常なつり上げ方はしないものなのです。
不自然にどんどん値段を上げて買い取りの話を進めようとする業者は要注意だといえるでしょう。
自信を持っている買い取り業者はこのような手段には出ません。
また買い取り自体もお客様の意思を最も尊重する為に無理に買い取りはしないものです。
売るなら今しかない、となんとか買い取りをしようとする業者は裏が有るときが多いので注意してください。
 
・ドアは絶対開けないで
訪問販売でもそうですが、このように自宅に来ての営業はまともに顔をあわせてしまうと
かなりしつこく営業を行ってきます。
なので、突然このような訪問があった場合はまずドアやドアホン越しの会話を行いましょう。
顔を合わせてしまうと相手のペースに取り込まれがちなので、
けして直接顔は合わせないように心がけてください。
ドア越しにしっかり断ることによって未然に被害を防ぐことが出来ます。
貴金属は相場の変動がある高額商品です。
もし売りたいと思う場合は事前に相場など、得られる範囲で自分で情報を集めてください
もしそれを知らずに訪問買い取りに対応してしまうと、最後まで押し切られた上に
相場より相当安い金額で買い叩かれてしまう場合があります。
もちろん訪問買い取りでも、優良なところはあるかもしれませんが貴金属を売る場合は受身ではなく
自分から行動するようにし事前に調査をある程度したうえで、複数の店舗で査定をしてもらうようにしましょう。
自分から優良店にいっても一つの店舗だけの査定ではわからないことは多いです。
訪問買い取りは事前に情報を調べることもしづらいのであまりおすすめはできません。
ドアホン越しに会話をし、もし気になるならば会社の連絡先などを控えるようにして後日の連絡を行いましょう。

・きちんと根拠を得る
買い取り業者はその査定額の根拠などの説明を、お客様に納得して頂けるようにする義務があります。
その義務を怠り、ただただ難癖だけをつけて値下げを行う、またはさも正しいことを言っているかのように
適当なことを言って納得させようとするなど、いろいろな手段を使ってくるでしょう。
素人判断ではしにくいところも突いてくるのでだまされやすいですが、全て根拠を書面にしていただき、
その書面をもって他の店舗に行って照らし合わせてもらうのも無駄なことではありません。
あくまで売るのはお客様自身の判断です、そのためその書面をしぶったり、
その場でなんとしても買い取ろうと商談を進めてくる場合は注意しましょう。
お客様に理解を得てから買い取りをするのは当たり前の義務なので、
必要としていれば業者側はそういった書面を出してくれます。
優良な買い取り業者ですと尚のこと、信頼を得るためにもきちんと書類作成をしてくれます。
それを持って他の店舗に行き、その根拠が得られてまた査定額もいいならば、
またその訪問業者に連絡を入れたらいいのです。
しかし、そこで電話連絡をした際対応が悪さなどが見えるならば、
その業者にはあまりかかわるのをお勧めはできません